低血圧を予防する運動方法とは?

実際に低血圧を予防、改善するためにどんな運動をすればよいのか?低血圧を予防する運動方法についてご紹介していきます。

 

あなたに合った方法で改善を行っていけば、必ず効果は出てくると思いますので、試してみてください。それでも不安であれば、かかりつけの医師に協力してもらい、低血圧の改善に効果があるかを見てみるといいかもしれません。

 

ウォーキング

 

最も簡単に誰でも出来る運動方法がウォーキングだと思います。特別ウォーキングシューズを用意しなければならないなどということはありませんので、(あればあったことに越したことはありません。)気軽に取り組んでいただきたいと思います。

 

ステップとしては、

 

1.ウォーキングを習慣にする
2.距離や時間を計測し、持久力を上げていく

 

この2つのステップで可能かと思います。まずはウォーキングをする習慣を身につけなければなりません。

 

ここができないと、続かないので、毎日ウォーキング出来る時間を作り、近所を歩いて回る。もしくは、時間がないようなら、駅から自宅までを歩いていく、1駅分電車に乗る駅をずらし、ウォーキングにあてる。このようにウォーキングにあてる時間を作ってください。

 

これが1,2ヶ月続けることができれば、習慣になってくるので、あとはストップウォッチで時間を計測し、昨日より今日、今日より明日、というふうに時間を縮めていったり、距離を少しずつ伸ばしていき、体力をつけていく。というふうにすれば、体力もつきますし、低血圧なんてどこかに吹き飛んでしまいます。

 

ウォーキングは激しい運動ではないので、体を動かしたという実感はないかもしれませんが、着実にあなたの体に変化をもたらしてくれます。

 

ジムに通うとなるとお金がかかりますし、ジムに行かなければなりません。しかし、ウォーキングなら場所を問いませんし、あなたの好きな時間に行うことができます。

 

あなたのペースで運動を行うことで、ストレスがなくなりますし、ウォーキングを行うことで、低血圧だけでなく、そのほかの病気にもかかりにくくなります。体力がつくというのはそれだけでかなり免疫力が向上しますので、ぜひやっていただきたいと思います。